2018年3月23日

本棚を新設しました!

ペルソンのエントランス、および社内に本棚を設置いたしました。
ご登録していただいております講師様の著書がずらり。

IMG_16902.jpg

IMG_1690.jpg

IMG_1694.jpg


ご来社の際は、是非ご覧くださいませ!


2018年3月19日

武田双雲流 成功法則「1.01理論」

こんにちは。営業部の土橋です。

今回は、武田双雲さんが講演で話す成功法則1.01理論について私なりに噛み砕いて解説してみたいと思います。

1.01理論とは、日々ちょっとしたことでも良いからチャレンジをすること。

つまり1を今の自分のキャパシティと仮定すると、常にそのキャパを少しだけ飛び出すことを続けることで、ローリスクで無限の可能性を創造していくということです。

これは数学的に証明できる理論です。

人はチャレンジをすることで挫折し、立ち直るまで時間を費やすことが良くあります。

それは1.5や2を狙っているから生じてしまう代償です。

しかし、1.01は少しだけのリスクで済む。

この繰り返しが大きいという理論です。


逆にチャレンジをしない、つまりここでいう常に自分のキャパの範囲で行動しようとする人はどういうグラフになるでしょう。

1.01と0.99の場合を比較してみます。
Takedasouun1.01理論.jpg

1.01と0.99はたったの0.02の差なのにその習慣の違いが天と地の差を生んでしまうことがわかります。※上記グラフではたったの1年365日での差の開きようがわかります。

書道を例に説明をすると、双雲さんは文字を書く際、一画目を今までの自分のキャパから少しだけはみ出した表現をします。いつもならここでとめる、というところで敢えて筆をひねってみたり、とめずに払ってみたり。少しだけ自分に意地悪をする。これが0.01はみ出すということです。

それをすることで次の動きを変えざるを得ない。これを続けることで新たな可能性を見出し、表現に無限の可能性を生み出していきます。

これは、書道でなくてビジネスマンの日々の仕事にも応用ができる。

例えば、メールの一文を変えてみる。早起きの習慣を取り入れてみる、少し口角を上げて話してみる、などなど。0.01のチャレンジ要素は無限にあるからどこでも応用可能。

これが双雲流の1.01理論です。

諦めたらそこで試合終了。継続は力なり。

それを数学的にも説得できるところが双雲さんの魅力でもあります。

講演では、より詳しくユーモアを交えながらお話ししていただきますので、ご依頼お待ちしております!

武田双雲さん講師情報
土橋昇平


2018年3月 9日

元AKB48 松井咲子さんご来社

先日、元AKB48の松井咲子さんがご来社くださいました。


透明感あふれる雰囲気と素敵な笑顔に男性スタッフだけでなく女性スタッフからも「かわいい!」の嵐! そんな我々のテンションはさておき真剣に、けれど、なごやかムードで打ち合わせスタートです。


IMG_0906.JPGのサムネール画像

松井さんの人生はいつでも音楽とともにあったこと、アイドル活動をとおして学んだこと、夢に向かって進む途中でとまどいを感じたこと、それでもしっかりと自分のことを見ていてくれて応援してくれている方々への感謝の気持ち、お仕事への前向きな姿勢・・・などなど、いろんなお話を聞かせて頂きました。


そうやってお話がすすんでいくうちに感じたのは一本芯の通った内面の美しさでした。

もちろん外見のかわいらしさ、美しさも松井さんの魅力のひとつですが、どんな時もひたむきに頑張る内面の美しさこそが、ファンの皆さんの心を掴んで離さないのでしょうね。

Twitterのフォロワー数が18万人近くいらっしゃるのも納得です! (私もこっそりフォローさせていただきました。)


松井さんのご紹介プロフィールページは現在、鋭意制作中です。

3月14日の公開予定日までもう少々お待ちくださいませ。

最後に、松井さんから、このブログをご覧いただいている皆さまへ動画メッセージをお預かりしました。ぜひご覧ください!

※3/14に講演依頼.comのプロフィールが公開されました。

松井咲子さんのプロフィールページはこちら



2018年3月 5日

特集一覧「障がいを乗り越えて」ページのご紹介!

講演依頼.com内の常にアクセスが高い「障がいを乗り越えて」ページをご紹介します。
この度、ページ内容をリニューアルしました。


障がいというハンデを持ちながらも、果敢に立ち向かい、または受け入れ、
日々たゆまぬ努力を続けることによって、私たちに多くの感動と気づきを
もたらしてくれる講師を5つのテーマからご紹介しております。


注目講師として佐野有美さん、北沢豪さん、京谷和幸さんを取り上げております。
お客様より障がい者スポーツのアスリートから学ぶテーマにて
パラリンピックのアスリートをお招きしたいお問い合わせを頂いております。


障がい者差別解消や障がい者の理解を深めるセミナー・講演会で講師をお探しなら
是非、本ページをご活用ください。


特集一覧 障がいを乗り越えて
https://www.kouenirai.com/special/syougai.htm




2018年2月27日

ペルソン社員の呟き

こんにちは、MP部編集担当者です。


今日は会社の近くのランチを紹介します。

「鉄板劇場 まぐれ」ペルソンの社員が愛用しているお店です!
落ち着いた雰囲気のお店で気さくな店員さんと店長さん♪


IMG_0418.jpg

人気メニューは名物とりてん!カラッと上げた鳥と鬼おろしがたまらない一品。
9が付く日は"肉の日"としてスペシャルなお肉メニューが登場!
男性も大満足なボリュームたっぷりのランチです。

IMG_0432.jpg


今はなくなってしまった肉豆腐カムバック・・・!


IMG_0441.jpg


素敵なお店ですので、白金高輪にお越しの際は是非お立ち寄りください!


2018年1月24日

美容ライター・コーディネーター 石原有起さんのご講演

こんにちは、MP部編集担当者です。
先日は美容ライター・コーディネーターの石原有起さんの講演にに参加致しました。

石原さんは国内大手化粧品メーカーに勤めた後、美容ライター・エディターに転身し「CanCam」(小学館)のエディター・ライターを経て、現在は「25ans」(ハースト婦人画報社)、「Hanako」(マガジンハウス社)などの各女性誌、化粧品ブランド会報誌、各種企業Web媒体などで、美容やインタビュー取材を中心とした、記事の執筆を行っています。


IMG_1010.jpg


今回のセミナーでは、講演テーマ「水の飲み方を変えるだけで美しくなれる!」を中心に基本のスキンケア、メイクなどについてお話ししてくださいました。
石原さんのコスメを実際に使用きでたり、水の飲み比べもするなど、ワークを取り入れた講演で、熱心なメモを取る方が多く見られました。


IMG_1018.jpg


石原有起さんのプロフィールはこちら


2017年12月20日

お天気キャスター・気象予報士大集合 -津波・天災を忘れないために-

皆さんは「津波防災の日」をご存知でしょうか。


2011年3月の東日本大震災の津波被害をきっかけに
「津波対策の推進に関する法律」が制定され、
その中で11月5日が「津波防災の日」として定められました。
2015年には国連総会本会議でも同日を「世界津波の日」として制定。
津波の脅威や対策への関心が世界中で広がっています。


今回は、そんな津波防災のイベント
「お天気キャスター・気象予報士大集合 -津波・天災を忘れないために-」
(ウェザーマップ主催)に、おじゃましてきました。


写真?.jpg

このイベントは「津波防災の日」が制定されてから毎年行われており、
今年で7回目の開催です。


今年の主な出演者は・・・


写真?.jpg


左から、司会のテリー植田さん
森朗さん(お天気キャスター)
奥村政佳さん(気象予報士(RAG FAIR))
森田正光さん(お天気キャスター)
荒木健太郎さん(雲研究者・気象庁気象研究所研究官)
眞家泉さん(気象予報士・ウェザーニュースキャスター)
饒村曜さん(元気象庁和歌山地方気象台長)
加藤順子さん(ライター、気象予報士)


津波防災のイベントといっても堅苦しいものではなく、
笑顔の多い、わきあいあいとした雰囲気です。


お天気にまつわる色々なテーマでトークが進められたのですが、
その中で、とても印象に残ったお話がありました。


「災害はいつどこで起こるか分からない。この場所にも可能性はある。」


ある地域で、荒木さんが講演された時の言葉です。


そして、このある地域とは、
2015年9月、豪雨による鬼怒川の決壊で被害を受けた地域でした。


災害が起こる半年前、荒木さんの講演会が行われ、
被災者の中には、その講演会に参加されていた方もいらっしゃったそうです。


以前に講演を聞いていても災害から逃れられなかったという現実。


「まさかこんなことが起こるなんて思わなかった...」と、
被災された方は一様にこの言葉を口にするそうです。


このような経験から、
的確な予報や解説、正しい知識、それらはとても大切なことですが、
それだけでは本当の意味での防災にはならないのだと、
皆さんに意識してもらい、能動的に動いてもらえるような
楽しめる仕組みづくりが本当に必要な防災対策だと、お話を続けられました。


このお話をきいて、本当に必要な仕組みづくりのため
私たちが講演会を通して提供できることは何か?
より意味のある講演会をお届けするにはどうすれば良いか?
改めて考える機会となりました。


●関連特集
・気象予報士特集-地域ゆかりの気象予報士を講演会に-
https://www.kouenirai.com/special/meteorologist.htm
・防災特集-防災対策や避難時の対応を学ぶ!
https://www.kouenirai.com/special/bousai.htm


清水愛理


2017年12月 6日

ロボットクリエイター 高橋智隆さんのご講演

こんにちは、MP部編集担当者です。
先日、ロボットクリエイター高橋智隆さんのご講演に同行いたしました。

IMG_0743.jpg

高橋さんは2003年京都大学工学部卒業と同時に「ロボ・ガレージ」を創業し
京大学内入居ベンチャー第一号になり、代表作にロボット電話「ロボホン」、
ロボット宇宙飛行士「キロボ」、デアゴスティーニ「週刊ロビ」、
グランドキャニオン登頂「エボルタ」など、数々のロボットを世に送り出しています。

IMG_0702.jpg

ロボホン、週刊ロビ、エボルタを机に並べて実演を交えながら
お話しをされ、ロボットが踊ったり歌ったり、会話をする様子を見ながら、
今後のロボットの可能性について聞くことができました。

IMG_0770.jpg

IMG_0769.jpg

ときおり笑いも起きるとても楽しい講演で、大人から子供まで
幅広い世代の人にご満足いただけると思います。

高橋智隆さんのプロフィールはこちら


2017年11月22日

渋滞学者 西成活裕さんのご講演

こんにちは、MP部編集担当者です。

先日、車や人、インターネットなどの流れに生じる「渋滞学」や
ビジネスマンから家庭の主婦の生活にある無駄を改善する「無駄学」を専門とし、
学術的なフィジカルレビューレターズ(世界最高権威の米物理学専門誌)
などに論文掲載を多数行っている、西成活裕さんのご講演に同行いたしました。


1122-1.jpg

講演のテーマは「渋滞学で会社を変えろ!!企業・組織の生産性を上げる極意」。


1122-5.jpg

朝早くからの講演に関わらずあっという間に席が埋まり、皆さん熱心に
メモを取られておりました。

1122-3.jpg


講演のレポートもございますので、詳しく知りたい方は
西成活裕さんのプロフィールページをご参照ください。



2017年10月31日

ペルソン社員のつぶやき

こんにちは、MP部編集担当者です。


今日は会社の近くのランチを紹介します。
雰囲気のあるビルの2階にある


"フレンチレストランSALT白金"

1.jpg

雑穀米+メイン+サラダで構成されるワンプレートフレンチは
気軽に"美食ケアフレンチ"が楽しめます。
スープやデザート、ドリンクもついてくるので疲れた日は
SALTでご褒美ランチ♪

2.jpg


3.jpg


低糖質かつスーパーフードや多種多様な塩を使用した
心も体もケアできる大人のレストランです。

4.jpg


食後のドリンクには生キャラメルもついてきます♪
雰囲気のある店内で素敵なランチでリフレッシュ
できるランチタイムを過ごせます。

5.jpg


2017年9月27日

ぺルソン社員の夏休み~秋田県立美術館に行って来ました~

営業サポートをしております太田です。


季節はもう秋ですが、
今日は私の夏休みの思い出について書かせて頂こうと思います。


今年の夏休みは秋田の実家に帰省していました。


実家でただのんびりするのもいいけど、
たまには秋田観光もしたいなと思い、
以前から気になっていた「秋田県立美術館」に行ってみることに。


美術館といっても、私が興味を持ったのは
展示内容ではなく、その建物自体。


秋田県立美術館は安藤忠雄さん設計の
コンクリート打ちっぱなしのとてもおしゃれで近代的な建物なのです。


写真1.JPG


秋田にはこういった近代的な建物はあまりないので
かなりの存在感でした。


また、美術館内のカフェからは千秋公園が一望できます。


写真2.JPG


更に、ソファに座って公園を眺めると
美術館の池と公園一体化してまた違った景色に化けるのです。


写真3.JPG


景色を眺めながらのんびりと
秋田産の果物で作られたフレッシュなジュースを飲む。


最高に幸せな時間でした。


ゆっくり夏休みを貰い、たくさんリフレッシュできたので、
9月からまた仕事にまい進しております。


10?11月は講演会が最も盛んになるシーズンです。
たくさんのお問い合わせ、お待ちしております。


太田久美子


2017年9月15日

スタッフページをリニューアル致しました。

こんにちは。
講師のプロフィール等編集しております
MP部・対馬と申します。


この度、弊社の営業のプロフィールや担当業界などを
掲載しているスタッフ紹介のページをリニューアル致しました。


●スタッフ紹介ページ

https://www.kouenirai.com/staff/list/

写真などを一新し、社内の雰囲気が分かるようになっております。

個人ページからはスタッフブログもリンクされており

各メンバーの個性がうかがえると思います。


是非ご覧くださいませ。


MP部 対馬


2017年9月13日

スタッフ紹介ページリニューアル!

こんにちは。


お取引先向けの講演会を担当しております営業の篠原です。


3月に入社して半年・・・
ついに、私のスタッフ紹介ページもできました!


↓私のページです!
https://www.kouenirai.com/staff/profile/83


今は前髪が短いですが、冬に向けて徐々に伸ばしていく予定です。
前髪に負けないように、お仕事のスキルも伸ばしていきたいと思います。


私のページだけでなく、他の方のページもリニューアルされています。
是非、チェックしてみてください!


篠原梨沙


2017年9月 6日

BEaUTRISE[ビュートライズ]インタビュー/美しい人-友利新さん-

先日、BEaUTRISE[ビュートライズ] インタビュー/美しい人
友利新さんのインタビューを掲載いたしました。


働く女性として、母親として
いつも美しく輝いている友利さん。


でも、3歳と1歳の幼いお子様の育児と仕事で、
自分にかける時間はほとんどないわ!!と。
では、その美しさの秘密は・・・?


自分に時間をかけられない時も
「3つの「やらない原則」で美しくなる方法」
を教えていただきました。
美と健康のコツがつまったインタビュー。
ぜひご覧ください。

https://www.kouenirai.com/beautrise/interview/030.html


BEaUTRISE[ビュートライズ]は、美と健康をテーマに
美しい生き方を提案する弊社サイトです。
インタビューの他にも、美と健康のコツを
コラムや動画で発信しております。

https://www.kouenirai.com/beautrise/


IMGL0060.jpg


多久島志保乃


2017年8月24日

ペルソン社員の夏休み-1カ月ヨーロッパを周遊して記憶に残った街ベスト3-

こんにちは。営業部の中村です。


先日1ヶ月夏季休暇をとり、ヨーロッパを周遊しておりました。
(弊社の夏休みは社員同士でタイミングをそれぞれ調整し、取得しております)


全部で9か国11都市を巡りましたが、ヨーロッパと一言で言っても、
各国、各都市ごとに特徴があり、非常に新鮮でした。


どこも非常に良かったのですが、あえて独断と偏見で記憶に残った
ヨーロッパの街ベスト3を発表します。


第3位
ロンドン
バッキンガム宮殿やビッグベン等々、お馴染みのスポット目白押しです。


その中で印象に良かったのは「ミュージカル」。
今回は「ウィキッド」を鑑賞しました。


wicked.JPG


日本でもお馴染みの演目で内容は勿論文句なし。


そして更に印象的だったのは、こうした一流のチケットが
当日でも購入できてしまう、という気軽さです。
そしてチケットの価格もお手頃。

また客層は、小さい子連れのファミリーも多く、気軽で
身近な存在であるのがうらやましく思いました。


第2位
ヴェローナ


イタリアはヴェローナは、ロミオとジュリエットの
舞台となった場所です。


小さい町ですが、さればこそ情緒ある街並みです。


ここで印象的だったのは「野外オペラ」。
ヴェローナアレナで行われる夏場限定のオペラです。


aida.jpg


人生初オペラでしたが、こちらもどうせ来たので
あればと「アイーダ」を鑑賞。


鑑賞素人ですので、細かな内容の良し悪しは分かりませんが、
会場の幻想的な雰囲気の中でのオペラがとても印象的でした。


またイタリア人の皆さん、こちらが道に迷ったりしていると
気さくに色々教えてくれました。
フランクで明るいキャラクターがまさにイメージ通り。


第1位
ブリュッセル


brussels.JPG


ベルギーは当初の予定には入っていなかったものの、
ワッフルを食べに寄ったところ、想像以上に良い雰囲気で
ハマりました。


街がコンパクトで単純に観光し易い点、食事もおいしい、
そして何となく現地の人々の人柄も良いという印象で、
特別にこれ!というものは無いのですが、
何か良いなーと感じる場所でした。


ノーマークでしたが、お勧めの都市です。


以上、普段の講演会業務とは全く関わりなく
恐縮ながら、独断と偏見のランキングでした。


尚、今回、普段疎遠なミュージカルやオペラを
鑑賞しましたが、それぞれストーリーを
予習してから劇場に足を運びました。
にも関わらず非常に楽しめました。


やはりライブの魅力ですね。


講演会についても、その講師の内容だけであれば、
実は本や様々な記事等で知ることが可能です。


それでも講演が求められるのは、やはり会場の
雰囲気や本には書けない裏話など、
ライブならでは魅力があるからと言えます。


そんなライブ感を大切に、今後も魅力的な
講演会講師を引き続きご紹介させていただきます。


中村潤一


2017年8月16日

営業(パートナーコンサルタント)募集中!!

弊社ペルソンでは、営業(パートナーコンサルタント)の募集をしております。

仕事のイメージがつきやすいような、社員のインタビューを掲載しております。


●インタビュー
ぺルソン 若手成長株営業パーソンが語る My Work, My Life 「いつまでも挑戦し続ける自分でありたい」

500_500_banner.jpg


共感頂ける方、是非ご応募ください!!


2017年7月10日

「夏まゆみさん新刊発売!」

先日、ダンスプロデューサーの夏まゆみさんの新刊、「教え子が成長するリーダーは何をしているのか(サンマーク出版)」が発売になりました。


以前出版されたビジネス本「エースと呼ばれる人は何をしているのか(サンマーク出版)」も大ヒットをし、この本がきっかけで多くの企業様で講演に呼ばれることが増えたという夏さん。
今回の書籍では「リーダーシップ」をテーマに執筆をされています。


「部下が自分の言うことを聞いてくれない」
「相手が伝えたとおりに行動してくれない」
「指導に行き詰まっている」
その原因は「言葉の使い方」にこそ問題があると夏さんはおっしゃいます。


昨今多くの企業でリーダーシップの在り方が問われており、時代の変化に伴い以前のようにリーダーはとにかく先頭に立ち部下を引っ張っていくだけではなく、支援型のリーダーシップの必要性が求められています。


夏さんは書籍の中で「1対多数」ではなく「1対1の関係性をしっかりと人数分持つこと」の大切さを強く説かれています。どの部下にも同じように接し引っ張っていくのではなく、一人一人としっかりとコミュニケーションを取り、それぞれに合った「言葉の使い方」を意識していくことで、チームの統率ができ部下の能力を最大限に引き出せるのです。


部下に指導をしていくことは自身の更なる成長にも繋がるという夏さんのお話は、特に若手のリーダーの方々に読んで頂きたい一冊です。
教え子のアイドルの方々との実話を交えたお話は非常に読みやすく是非お勧めです!


また講演依頼.comでは、現在夏まゆみさんのご講演のお問合せを多く頂いております。
少しでもご興味をお持ちのお方はどうぞ弊社までお気軽にお問合せ下さい。

natsumayumi_20170710.jpg

夏まゆみさん講師情報
大川拓馬


2017年6月23日

三越伝説のトップ外商・伊吹晶夫さんとの打合せ

三越本店入社以来43年間。セールス一筋でお客様に向き合ってきた販売のプロフェショナル、伊吹さん。
今まで、3人の歴代首相や皇族方はじめ、政財界、宗教界などトップのVIPを担当されました。

伊吹さんには、これまでの経験を持てあますことなく、販売職の皆様のために毎月コラムを書いて頂いております。

6月1日公開記事「営業マンの『身だしなみ』チェック スーツ編」

7月1日は「オフィスカジュアル&ビジネスカジュアル」についてアップ予定です。


人一倍苦労を経験し、それでいて物腰の柔らかい紳士に毎回魅了されます。

こんな"オトナ"になりたいものです。


下記は先日の打合せの時のお写真です。

Ibukiakio_201706233.JPG


伊吹晶夫さん講師情報

土橋昇平


2017年6月14日

平野早矢香さん取材―挑戦し続ける人たち―

日本人選手の大活躍で盛り上がった世界卓球。
現地ドイツで解説をされた平野早矢香さんに、
ご帰国早々、インタビューと講習会の取材をさせて頂きました。


平野さんのご出身地、栃木県鹿沼市では、平野さんがロンドンオリンピック
卓球女子団体で銀メダルを獲得後「平野早矢香杯」という卓球大会が行われ、
今年は5回目の開催となったそうです。
約800名のエントリーの中には、東海地方からのご参加もいらっしゃるようで、
人気の大会です。


講習会は、大会前日夜に行われ、卓球台の高さと変わらないくらいの身長で、
一生懸命ラケットを振る小さなお子さんから、平野さんの細かなフォームを
じっと見つめる指導者の方まで、沢山の方が参加をされていました。


平野さんは、皆さんそれぞれの悩みや質問、フォームへのアドバイスの他、
実際にボールの打ち合いを行うなど、皆さんと触れ合う時間も大切に、
そして楽しんでいらっしゃる様子が印象的でした。
SayakaHirano_201706141.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


講習会の前には、どのような思いで卓球に取り組んできたか、
重要な局面での決断、自分との向き合い方の他、試合直前のエピソードや、
これから挑戦したいことなどを沢山紹介してくれました。


インタビュー中も終始笑顔でいらっしゃった平野さん。
常に相手や周囲を気遣って発せられる言葉の数々から、平野さんの優しいお人柄と、
迷いなくお話になる様子から、強い信念をお持ちでいらっしゃることを、何度も感じました。


様々な質問にポンポンとお答え頂いた時間は、一緒に楽しく卓球のラリーを
させて頂いているような感覚で、あっという間に過ぎてしまいました。

今回の取材の内容は、特集「挑戦し続ける人たち」で近日中に公開予定です。

私も平野さんと同じく鹿沼出身であることがとても嬉しく、平野さんのこれからの挑戦も
引き続き応援させて頂きます。


平野早矢香さん講演情報
江本 千夏


2017年6月 5日

竹内一郎さん作・演出 舞台「からくり儀右衛門-技術で明治維新を支えた男-」を 観てきました。

講演依頼.comにもご登録頂いている竹内一郎さん作・
演出の舞台オフィスワンダーランド「からくり儀右衛門
-技術で明治維新を支えた男-」を観てきました。


oota_pic1.JPG


oota_pic2.jpg


南大塚ホールで行われたこの舞台は、
十代のころから「からくり師」として注目を集めていた
田中儀右衛門の活躍と、技術によって明治維新に
貢献する様子を描く実話を基にした物語です。


儀右衛門のからくり(機械)に対する情熱やその才能、
東芝の前身となる会社をつくるに至るまでの苦労や葛藤など
儀右衛門の魅力がたっぷりと詰まっています。


また、大塩平八郎や大隈重信など、
授業で習った歴史上の人物もたくさん出てきて
日本の歴史に対する理解が更に深まりました。


学生の頃に観ていたら
もっと歴史の点数が上がっていたかもしれません・・・。


観て楽しいだけでなく、
勉強になるというお芝居は他には無いのではないでしょうか。


役者さんたちもとっても活き活き演じられていて、
客席までそのエネルギーが伝わってきました。


逆境の中でも自分のやりたいことを貫く儀衛門、
振り回されながらも一生懸命儀衛門を支える妻、
儀右衛門の才能を信じてついていく仲間たち。
全てのキャラクターに感情移入してしまいました。


私も明日から頑張ろう、そう思える素晴らしい舞台でした。


竹内一郎さん・講演情報


太田久美子


Powered by
Movable Type