2018年8月16日

ボランティア

 昨日、山口県周防大島町で行方不明になっていた2歳児の男の子が
 3日ぶりに山中で無事発見され、メディアで大きく報道されていました。
 まずはこの男の子が無事に無傷で発見されたことが何よりだったのですが、
 同時に、その発見者であるボランティア捜索者の尾畠春夫さんの無私の行動も
 大きく取り上げられ話題となっていました。


 この尾畠さんは、今回のボランティア捜索だけでなく、東日本大震災や
 熊本地震などでもボランティア活動を繰り返されていたそうなんです。


 この尾畠さんのインタビューを聞いていると全く私心を感じません。
 すごい人だなと感心するばかりです。
 どなたかがこの尾畠さんをお地蔵さんみたいな方、手を合わせたくなる、
 と答えていましが、本当にそんな方です。


 私はこの尾畠さんのことを見ていて10数年前に聞いたあるボランティア
 関係の講演会である講師が言っていた一言を思い出しました。


 何かを求めてボランティアに参加をするならやめた方がいい、
 本当に見返りなど求めずにただただその活動をしたい、という人だけが
 ボランティアに参加してください。


 ボランティアってそもそもそういうものですが、実際は何かしらの私心を
 もって参加されている人もいるようです。


 それにしても尾畠さんのような無私の人を見ると、今更ながら
 大切なことについて考えさせられます。 
 
 


2018年8月 8日

言霊って大切だよ

 一昨日、弊社の講演依頼.comでピコ太郎のプロデューサー、
 古坂大魔王さんのインタビュー記事が編集チームからアップされました。


 古坂大魔王さんってどんな人?どんなキャリアを積んできた人?
 どうしてピコ太郎はブレイクしたんだろう?私も前からそんなことに
 とても興味を持っていたので早速読みました。


 インタビューの題名にもなっているのですが「お笑いブームで売れっ子たちが
 外車を買っている中、僕は音楽に全財産をつぎ込んだんです」というくだり
 や、「自分がやりたいことをやるために、歌やライブはピコ太郎に任せた
 んです」というくだりなどがとても面白かったのですが、中でも私が特に
 興味を持ったくだりがありました。それは「絶対無理だと思ったことも、
 言い続けると、本当になるんです。だから以前、小学校で講演をさせてもらった
 ときも、言霊って大切だよ、と伝えました」というくだりです。


 このことを大切にしている人って大魔王さん以外にも、結構たくさんいるんです。


 自分が実現させたいことを口にするって勇気のいることかもしれませんが、 
 実現させるためにも口にすることって大切なんでしょう。


 何か新しい企画を実現したい人、超理想の恋人を見つけたい人、理想の自分に
 なるためにシェイプなんかを考えている人、さあ、口にしちゃいましょう。
 言霊って大切だよ。



2018年8月 2日

バブル期のこと

 先日もバブル期のことがお酒の席で話題になった。
 バブル期の話はいつの日になっても、
 年に何度かは話題になるような気がする。


 最近このバブル期のことについて、
 体験してみたいなー、という20代の若者と何人か遭遇をした。
 最初はどうせバブル世代同士の過去ばなしに合わせているのだろう
 と思ったいたのだが、どうもいずれにおいてもかなりまじめに
 そう言っている様子だ。
 こういう遭遇は5年くらい前以前には全くなかったような気がする。


 実をいうと、この私もバブル期を体験してみたかったという世代だ。
 厳密にいうと、バブル期の果実を実際に味わってみたかったという世代だ。


 高校を卒業し2年間の浪人生活を経て社会人となったため、
 1年違いで果実を味わうことが出来なったからだ。
 そう、ちょうど1年前にバブルが崩壊をしてしまったのだ。


 でもどうしていまの若い世代の人たちから、まじめにバブルの時期を
 体験してみたかったというような発言を聞くようになったのだろうか。


 私はバブルの果実を味わっていないが、学生時代にあのふわふわとした空気、
 このままこの空気は永年に続くのだろうなと思わせるような、
 なんの不安も与えない世の中全体の空気は、今思うと確かに最高だったように思う。


 だとしても、あの頃よりも間違いなく発展しているこの世の中で、
 どうしてあれを体験してみたいな、なんていう言葉を聞くのだろうか。
 それが多少は言葉を合わせているとしたとしても。



2018年7月25日

 客観的に考える力と継続する力のふたつがあれば、
 たいていのことはクリアーできるというのが、
 私の考え方だ。


 たいていのこととは、例えば日本の伝統武芸に用いられて
 いる初段という階級をひとつの目安にするといい。


 もしこの初段のようなものが獲得できないとすれば、
 それは客観的に考える力と継続する力のどちらか、もしくは
 両方のどちらにも不足があるからだ。


 もし今、壁にぶつかっていることがあれば、
 自分の現状を客観的に見つめ直し、見つめ直した結果に
 得られた自身の欠点なりを修正する作業を継続して行ってみよう。


 きっとたいていの壁はクリアーできるはずだ。


 


2018年6月29日

また、1秒後の未来

 前回に続きまた、1秒後の未来について書くことになるとは。


 サッカー日本代表が決勝トーナメント進出が決まりましたねー。
 昨晩の試合で後半にポーランド代表に1点先取されてからは、
 あー決勝トーナメントはもうダメかな、と私を含めかなり多くの
 日本人サポーターがそう思ってしまったのではないでしょうか。
 

 ところが一転、同時進行していたコロンビアとセネガル戦で、
 コロンビアが1点先取したという情報が入るや否や、
 私を含めサポーターの顔色が急に血色よくなっていたはずです。


 両試合がこのままの状態で終了をすると、フェアプレーポイントの差で
 日本代表が決勝トーナメントに進めるのです。


 それから西野監督が取った戦術についてはみなさんご承知の通りだと思います。


 西野監督が取った戦術に対して、なんかモヤモヤするよな、とか
 フェアーじゃないんじゃない、などの意見を聞きますが、
 私は大きな拍手を送りたい。実際、その戦術を取り始めた時から、
 私はテレビ画面に向かってずっと拍手で応援し続けていました。
 それでいいぞっ、それでっ、と。


 勝負の世界は厳しいもの。
 その厳しさを知っている人であればあるほど、
 必ずあの戦術を称賛するはずです。


 日本代表は、今回の試合でも1秒後に何が起こるかわからないぞっ、
 ということを教えてくれました。


 あらためて、ビジネスの世界でも1秒後に何が起こるかわからないぞっ、
 の精神が大切なのです。


 


2018年6月20日

1秒後の未来

 サッカー日本代表がコロンビア代表に勝ちましたねー。
 日本がワールドカップで南米のチームに勝利をするのは初めてのようで、
 これが勝利の歓喜にさらに拍車をかけましたね。
 すごい!


 私は代表監督が西野朗さんに変わってから、きっと多少は
 いい結果になるんじゃないかな、と予想をしていたのですが、
 正直なところコロンビア代表には1対3くらいで、負けるんじゃないかな、
 と思っていました。
 いけませんね。


 1秒後に何が起こるかわからない。
 これは私が20代の後半に起業してから現在までに体験してきたことから、
 私自身の哲学のひとつとなっているものなんですが、
 このことをサッカー日本代表にも当てはめることを忘れていました。


 予選リーグ、まだまだ厳しい試合が続くと思いますが、
 日本代表の1秒後の未来を常に前向きにイメージして、
 応援を続けていきたいと思います。



2018年6月13日

一歩を踏み出したこと。

 きのう、世界が大注目をした史上初の米朝会談が行われました。
 私もその様子をかなりの時間見つめていました。


 そして当然ですが、会談中また会談後に各方面の方々がその内容について、
 たくさんのコメントや感想を述べていました。
 この会談は北朝鮮の方にかなり有益なものとなった、合意文書がかなり抽象的
 すぎる、合意しただけでなく実施されてこそ意味がある、完全な非核化へ
 具体策なし、など。


 どの意見も確かにその通りだと思えるものばかりでしたが、
 私は会談の内容以上に、この会談が実施されたこと自体に意味を見出していました。


 イノベーションという言葉があります。
 いま、多くの人がこのイノベーションの重要性を説いています。
 しかし、言うは易しで、このイノベーションはそう簡単に、
 起こせるものではありません。議論を重ねただけでは、
 しているだけでは全く起こすことはできません。


 イノベーションを起こすためには、まず一歩を踏み出すことです。
 そして起きるまでその行動を止めないことです。


 今回の米朝会談を通じて、これまで全く風穴を開けることの
 できないでいた数々の問題に一筋の光が差しました。
 日本でいえば、拉致問題。この拉致問題が解決をするかもしれません。
 もし解決をすれば、それこそイノベーションに匹敵をするような出来事です。


 様々な意見がありますが、まずは一歩を踏み出したこと。
 踏み出せたことに、私は今回の会談の大きな意味を見出しています。



2018年5月30日

日大アメフト部とマネジメント

 ここ最近、毎日のように日大アメフト部の問題が
 各メディアで報道をされています。


 とても大きな問題であり、この問題がスポーツの世界だけでなく、
 各種団体でも発生しかねない問題だと思うので、私も強い関心を
 もってその経過を見つめています。


 今回の問題は、一言でいえばマネジメントの在り方です。


 トップがある思考をもって、その思考を組織で実現させるために、
 徹頭徹尾の管理をしていくと、良い悪いではなく、組織はその思考の
 方向に向かっていきます。


 トップの思考と管理。これがマネジメントです。


 日大アメフト部は、トップに対する牽制がまったく効いていなかった
 ようです。その結果、悪い方向に向かい、最悪の事態となったのです。


 マネジメントは、時代と共に変化をさせていかなければなりません。
 そのためにはトップや管理者層の人たちは常にマネジメントを
 勉強し続けなければなりません。



2018年5月18日

気楽に質が高くてシンプルに

 有名な方に講演依頼をするって大変なんだなっー。
 包み隠さず言うと、これが私が講演依頼.comというビジネスモデルを
 創業するきっかけとなった少し青臭い理由のひとつです。


 最近、ふとっ当時のこんな気持ちを思い起こしながら、
 現在の状況と照らし合わせ、少し先の将来を見つめていました。


 いま、創業期から比べれば、私のように講演依頼をしたいんだけど大変だよなっ、
 と思われている方々に少しはそれを和らげられる存在に
 なれてきたんじゃないかな、と思います。
 でも、理想とする姿と照らし合わせるとそれはまだまだのように思っています。


 いまや大企業の仲間入りをされたユニクロさんと対比するのは、
 少々気が引けますが、日々の洋服を気軽に比較的低価格で買えて、
 かつファッショナブルで、というスタイルに講演依頼.comが理想とする
 事業形態も被るところがあります。


 講演や研修の世界で、ユニクロさんが流通を上記のように革新をさせたように、
 我々もこれまで以上に、講演・研修の世界で革新を起こし日々理想に近づけて
 いきたいと思っています。
 

 我々、講演依頼.comはまだまだです。
 これからもう少しスピードを上げ、かつサービスもより向上させ、
 より気楽に質が高くてシンプルに、講演や研修講師の依頼を
 して頂けるように更に精進してしていきたいと思っています。



2018年5月15日

研修(講演)の重要性

 人は誰でも知らないことを知りたい、
 知らないことを知って、今よりも少しでも
 賢くなりたい、そうどこかで思っていると思うのです。


 そして、少しでも賢くなった人は、
 必ず組織に以前よりも少し多めの利益をもたらします。


 私が初めて研修に近い講演を聞いたのが、
 大学を出て最初に勤めた会社でのことでした。
 その時の純粋な気持ちが冒頭で書いたものです。


 そして33歳の時から携わっているいまの仕事で、
 確信をしたのが冒頭の次の行で書いたものです。


 もし30人の営業マンに講師費用が30万円の研修を
 受けさせたとして、そのうちのひとりが今よりも30万円
 多い利益を会社にもたらしたとしたら、その時点でこの研修費は
 ペイをしてしまいます。実際はもっとたくさんの利益を
 もたらすと私は確信していますが。


 会社によって研修にかけられる費用は高低あると思いますが、
 会社の業績を少しでも上向けさせたいと思うならば、
 できる範囲の費用で構わないので、人材教育には費用をかけるべきです。


 私はそれを確信しています。